ラーメン凪の漁師つけ麺を食べる、大盛り400gでも値段は一緒

秋葉原UDXの秋葉原拉麺劇場にあるラーメン凪に行きました。
フードコート形式で3つのラーメン店があります。
チョイスしたのは、漁師つけ麺
麺は普通も中盛りも大盛りも同じ値段ということで、少し欲張って400gで。

最初券売機で食券を買うとそのまま注文がお店に伝わるそうなので
自分の番号が呼ばれるまで席を確保して待っていれば大丈夫です。

そうこうしていると自分の買ったお店の名前と食券番号がコンピュータ音声で読み上げられて
お店に取りに行くだけです。

漁師つけ麺の400g結構なボリュームです。
ラーメン凪漁師つけ麺大盛り

ねぎの切り方が大雑把に見えますが、これは特徴ですね。
ねぎの味がしっかり感じられます。
平打ち麺と太麺があって、別の食感も楽しめます。
ラーメン凪漁師つけ麺大盛り

自分の中でちょっと残念なのはチャーシューかな。
ラーメン凪漁師つけ麺大盛り

そして凪最大の特徴の煮干しをふんだんに入っていると思われるつけ汁
ラーメン凪漁師つけ麺つけ汁

食べるにつれてどんどん冷めてしまうのが残念ですが、仕方ない。

大盛り400gですがぺろりといってしまいます。
ちょっとつけ汁の煮干しに飽きてしまうかもしれない。
卓上には何も調味料がないので、味を変えられませんし。

手拭きなども卓上にはありませんので取りに行く時にお店においてあるのを貰っておきましょう。

行ったのは平日のお昼前なのでまだ空いたのでゆったり食べられました。
ランチタイムになったら周辺のオフィスのサラリーマンたちで混むかもしれませんが・・・

もし良かったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 その他日記ブログ その他男性日記へ

 
 


関連ランキング:ラーメン | 秋葉原駅末広町駅岩本町駅


 
 

関連記事
テーマ: ラーメン | ジャンル: グルメ
松屋の鶏チリ定食を持ち帰りで食べる、結構辛い | Home | 映画「七人の侍」4K上映を観に行く、画がとっても綺麗、長いけど・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する