ラーメン凪名物?冷し中華の幅広ミルフィーユ風錦糸玉子!

秋葉原に行った時UDXの秋葉原拉麺劇場に直久というラーメン屋が新しく出来たという事で行ってみたのですが
以前訪れたラーメン凪の所に書いてあった「冷やし中華限定20食1000円」という文字と
暑さに釣られて注文してみました。

券売機でチケット購入、席を確保して番号が呼ばれるまで待つのは、相変わらずのシステム。

程なくして呼ばれてカウンターに取りに行きます。
カウンターに置いてある冷し中華を見た時に「あぁコレで1000円なのかぁ・・・」と寂しい思いが
第一印象でした。
ラーメン凪冷し中華1000円

見た目はオーソドックス。
下地の幅広麺は凪なら見慣れた光景として受け入れる。

斬新だったのが、錦糸玉子。
冷し中華だと、細い錦糸玉子がフワフワと上に散らばっているイメージが強いですが
凪さんは、少し太めの錦糸玉子が何枚も重なっていて、ミルフィーユっぽくなっているものが
ポンっとまとめて置いてあります。
ラーメン凪名物幅広ミルフィーユ風錦糸玉子

流石は凪さん、斬新過ぎます。
幅広麺と一緒で幅広ミルフィーユ風錦糸玉子はラーメン凪の名物錦になるのかな~~~?
そしてこの錦糸玉子、玉子の匂いや味を全く感じさせない、ニクい奴。

つゆの味は薄め、サッパリとしてます。
程よく温かさを感じる麺は以外とシコシコとしてます。
麺とよくからまないので、麺本来の味だけが楽しめますよ。

僕は未来永劫注文はしませんが、好きな人がいたら堪らない味だと思いま~す!
関連記事
テーマ: ラーメン | ジャンル: グルメ
まるは極の濃厚G朗まぜ麺を食べる、野菜マシだと味がぼやける | Home | マルちゃん赤いきつねの焼きうどん食べてみた、定番化しないかな・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する