FC2ブログ

尺骨骨折の整復をして、ギプスを巻く

尺骨骨幹部骨折の腫れもひいて、TFCC損傷を含めたプレート固定もしない事となり
整復してギプスを巻いて治療する事となったのが前回の話。

前回記事:
左腕尺骨骨折とTFCC損傷、手術か否か。

麻酔をしてから、レントゲンを観ながら整復する方法もあるようだけど、先生がそこまでの必要はないとの事で。
初診の時にある程度は引っ張られたり押されたりと整復は少ししていたので。。。
まぁこれは骨折の痛みも合わせて、痛かった。。激痛。声にならない声出したと思う。

最初にシーネと包帯を外して腕のレントゲン撮影。
一緒に、肋骨骨折のレントゲンも。

撮影した後は、ギプス室に呼ばれて台に寝かされて・・
しかしこの台に乗るのも一苦労。
肋骨骨折の痛みがあるので看護師さんや助手さんがタオルとかクッションを持ってきてくれて
痛くないポジションにしてくれた。

撮影したレントゲンを観て、先生がじゃあ始めるよ~と。
助手さんが僕の肘あたりを両手で押さえながら、先生は手首あたりをもって引っ張りながら押す、押す。
そして戻すみたいな感じ。
痛い時は声だしていいよ、と言われてたけど、声にならない痛み・・・
力を抜いて~と言われるけど力入るし、そうなると肋骨も痛くて痛みのコンボ。。
マジかよ。。とは言ってたと思う(笑)
折れた時より痛かったかも知れない。。

こんな感じかな~と先生が言って、整復終了。
ギプスを巻き始める。
今までの骨折とか靭帯損傷でギプスは慣れてる(笑)

最初に、ストッキングみたいなのを腕に被せて、その上から青い綿の包帯をクルクルと巻いていき
ギプス包帯を水につけつ巻きながら擦ったりしていくとギプスが完成。
熱をもってきて、暫くするとカチカチのギプスに。
そのままもう一度レントゲン撮影をして状態を見ることに。

骨は殆んど真っ直ぐになったけど、一度折れている所とほぼ一緒だから時間が掛かるかもと。
あとは無理をせずに、定期的にレントゲンを撮ることに。
TFCC損傷も無くなれば、御の字だねと事で。
肋骨骨折の方も痛みは徐々に無くなっていくとの事で、診察はおしまい。
またロキソニンを出してもらった。

骨折した腕をギプスシーネと包帯でぐるぐる巻きにしていた時より
左腕ギプス

しっかりしたギプスになったら尺骨骨折の痛みは和らいだかな・・・
左腕ギプス
肋骨のバストバンドを外してると、やっぱダメです、どの動作で痛みが走るかまだ不安だし、怖い。

ギプスになって、ほんの少しキーボードが打ちやすくなった。
といっても打ちにくいのはこの上ないけど、きっちりギプスで固定されてる分
不用意に動かすと痛みが走りにくくなった。

胸には肋骨骨折のバンドで、左腕はギプスで三角巾で吊ってる。
(部屋では三角巾外して手で支えるようにしてるけど)
ちょっとこういう姿は恥ずかしいのもあるし、蒸し暑いし。
ここ最近の、節電の影響などもあってクーラーの温度も下げられないし。

汗かくとギプスの臭いがなぁ。。。
冬に骨折すればよかったよ、そうすればギプス温かいし・・。

ギプスの臭い対策もしなくては・・・。

もし良かったらお見舞い替わりにポチっとクリック
お願いしますm(__)m

にほんブログ村 その他日記ブログ その他男性日記へ


人気ブログランキングへ

 
関連記事
テーマ: 医療・病気・治療 | ジャンル: 心と身体
ルーツのおまけのルパン三世プルバックカーコレクションルーツセレクション | Home | 左腕尺骨骨折とTFCC損傷、手術か否か。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する