尺骨骨折のギプスの巻き直しをしたら、ギプスの臭いから開放される

整形外科へ行く。
ギプス室で腕のギプスを外してレントゲン撮影。
肋骨骨折の経過のレントゲンも一緒に。

診察室でレントゲンの経過の説明。

まずは肋骨骨折
まだ骨は着いてない。
経過は良好との事で、もうバンドは要らないとの事。
痛みも無くなってるし、もう少し経てば肋骨骨折に関しては完治でしょうとの事。

問題は尺骨骨折の方。
仮骨の出来具合がどうも遅いらしい。
着きが悪いかもとは言われたけど・・
先生が言うには、このまま経過が悪いのであれば手術した方が良いとの事。
その場合は、プレートで骨折した部分を止めて腰骨から、少し骨を取って
それを骨折した骨と骨の間に移植する感じになるとの事。
勿論その場合は入院という事になるらしくて。。
もう少しだけ様子を観ましょうとの事で、また一週間後にレントゲンで通院。

もう一度ギプス室に行って、また同じように腕を曲げたままの形でギプス固定されました・・・。
巻き直し前に腕を拭いたりしてもらったりしたけど、肘とかの周りがシワシワになっていて
ちょっとショックだった。
外す前はギプスが臭かったけど、新しいギプスになって臭いのが消えたのは嬉しいかな。。
関連記事
テーマ: 医療・病気・治療 | ジャンル: 心と身体
セブンイレブンの鶏竜田揚げ丼(ねぎソース仕立て)は、何か今一つなんだよな | Home | セブンイレブンの冷凍カルボナーラスパゲティも結構美味しい

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する