尺骨骨折のギプス巻き直し、短くなって楽になった

尺骨骨幹部骨折肋骨骨折の久しぶりの診察で整形外科へ。
最初に腕のギプスギプス室で外してからレントゲン→診察室の流れ。

肋骨骨折は完全にはくっついて無いけど、順調そのもの。
もう大丈夫でしょうとのお墨付き。

問題の腕の尺骨骨折
前回の診察の時、治りが悪ければ腰骨から骨を移植する手術の可能性も在りましたが・・・。
ようやく骨が出来てきた白い影(仮骨)がしっかり見えてきたと。
これなら手術は無しで良いかも。
それでもどうやら治るスピードが遅いらしい。
今から手術した方が治るのが早いかもしれないと言われたけど、
手術はしない事になった。

もう一度ギプス室に行って、ギプスを巻かれる。
今までは肘の上から曲げた状態でのギプスだったけど、今日のは肘の下からのギプスになった。
尺骨骨折ギプス

ギプスで固定はしてるけど、ギプスの腕を回す(ドアノブをひねるような感じ)動きはしないようにと。
指はどんどん動かすように。
今まで肘も固定してたので、動きにくいけど、肘も徐々に動かしてねと言われる。

といわれても、肘が動かない・・・ちょっと怖い。
あと肘や上腕の当たりから垢が沢山出てくる。
不思議とこの垢が黒くなく、白い垢。
爪でこすると沢山出ます。

ギプスが短くなったから、楽にはなったけど今までのガッチリしたギプスよりちょっと固定が不安。
三角巾で吊らなくても良くなった。

ともあれ早く治したい・・・。

良かったら
ポチっと投票お願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ その他男性日記へ

 
 
関連記事
テーマ: 医療・病気・治療 | ジャンル: 心と身体
セブンイレブンの冷やしぶっけけネギ味噌ラーメンは、もう少し辛さが欲しい | Home | カオスだもんね!サマージャンボ当選!水口画伯直筆アイテムが届いた

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する