映画「臨場・劇場版」を観に行く、結構重たい内容です。

映画臨場・劇場版」を観に行く。
観客の年齢層は高め、でもスクリーン内はガラガラ。
臨場劇場版

TV版の臨場は観ていましたが、映画になったという事で観て参りました。

題材としては、刑法39条が扱われていまして、少し重たい内容です。
実際にも刑法39条は色々問題あるでしょうが、映画でもキチガイとかそういう言葉は出てきませんね。
本当にキチガイだったのか、そうじゃなくてそう演じているだけなのかとか
その他の事件との絡みが色々出てくるのですが、まぁ内容としては重たいんですよ。
まぁそれはそれとして。

テレビではよくあったシーンが劇場版ではありませんでした。
益岡徹さん演じる五代刑事部長が床屋で顔そりしながら報告受けたり
司法解剖の教授が「倉ちゃん、飲みに行こう」と言ったりするのを入れておいても良かったのに。
五代刑事部長はカレー食べてましたが、カレー食べるのは伊武雅刀のイメージなんだよなぁ。

ともあれ、テレビ版を観ていた人は観に行った方がいいですねぇ。

もし行かれる方は、エンドロール終るまで帰っちゃダメですよ。
場内明るくなるまで席に座ってましょう。

良かったらポチッと投票お願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ その他男性日記へ





人気ブログランキングへ
 
 
関連記事
テーマ: 邦画 | ジャンル: 映画
紫匠乃@亀有、好感持てる接客とがっちり太麺のつけ麺 | Home | 関ジャニ∞監修のカップ麺焼そば、関西風焼きそばが意外と美味しかった

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する